研修生募集常時募集中!

青年就農給付金(準備型)先進農家に認定される(平成28年9月8日)
農業技術等の研修中に、給付金が給付されます。(年間150万円、最長2年間)
(詳しくは農水省HPでご覧下さい)

研修生募集1

写真館

WWOOFer募集
タイトル: 自宅全景
説明文: 築50年以上の古民家です。

研修生募集2
タイトル: 有機肥料の鋤き込み
説明文: 稲刈り後、米ヌカ、米ヌカボカシ、EM活性液、古代天然苦土、貝化石をブレンドキャスターで撒いたあと
トラクターで田植えまで何度か鋤き込みます。

研修生募集3
タイトル: 光合成菌の培養
説明文: 食味改善と収量増加のため光合成菌を培養して田圃に散布。

研修生募集4
タイトル: 温湯消毒
説明文: 苗の病気防止のため湯芽工房を使い、モミの温湯消毒を実施。

研修生募集5
タイトル: 苗箱作り
説明文: 培土を自作し、みのる式苗箱を作成。

研修生募集6
タイトル: 田植え
説明文: ジャンボタニシの食害を防ぐため、みのる式ポット苗を田植えします。

研修生募集7
タイトル: 自家用畑の現況
説明文: 冬場なのでブロッコリー、白菜、キャベツ、ニンジンが植っています。

研修生募集8
タイトル: 福岡マルシェに出店
説明文: 1月12〜14日ヤフードームで行われた福岡マルシェに出店したのですが結果、散々でした。

研修生募集9
タイトル: EM活性液の培養
説明文: EM1原液1L、糖蜜1L、汲み置き水16Lを混ぜ、40℃で一週間保温して出来上がり。

研修生募集10
タイトル: 籾殻燻炭焼き
説明文: 苗床土に入れるため籾殻燻炭を焼きました。土壌改良、微生物の繁殖に有効な資材です。

得られる経験・知識

安心・安全な米づくりの実践(HPに記載された栽培方法による)。畑での
野菜作り(約5反)、販売。

主な仕事

3月頃から苗箱用培土の作成、5月中旬の播種と苗床作り、6月中旬の田植え、稲刈りまでの畦畔の除草、
10月下旬からの稲刈り、年間を通しての野菜の種まき、植え付け、田圃・畑・ビニールハウス等の管理など
微生物を活用する米・野菜作りを体験しながら、自然農法に根ざした技術を習得できます。

 1、苗作り
 2.田植え
 3、栽培管理
 4、稲刈り 
 5、乾燥・調整・籾摺り
 6、販売(ネット・自然食品店、マルシェ)
 7、米ぬかの光合成菌ボカシ作り
 8、光合成菌培養
 9、田植機・トラクター・コンバインの運転
10、畑での野菜作り

詳細については
tel 090-2969-9843
email usahyakusyou@yahoo.co.jp 堀田まで連絡下さい。